PR

【アンチノールプラス】猫の関節炎に効果はある?抗炎症作用で症状の改善も

この記事の概要

・アンチノールの抗炎症作用は猫の関節炎にも有効
・アンチノールは100%天然由来で副作用がなく長期使用にも安心
・アンチノールプラスは公式サイトからの定期購入が一番お得

結論:アンチノールプラスの抗炎症作用は猫の関節炎にも有効

猫は関節炎になりやすく、12歳以上の猫の約90%が関節炎を患っているといわれるほどです。

関節炎は関節の炎症によって引き起こされる病気で、関節の痛みや可動域の制限、関節部の腫れや熱感、関節の変形などの症状が現れます。

関節炎は一度発症すると完治させることは難しいと言われていますが、適切なケアを行うことにより関節炎の進行を抑制し、症状を改善することが可能です。

動物病院で関節炎と診断されアンチノールプラスを勧められた方も多いと思いますが、アンチノールプラスの優れた抗炎症作用は猫の関節炎にも有効とされています。

 

厳選キャットフード10選を比較!

2023年最新 おすすめキャットフード10選をチェックする

※猫の健康を維持するにはキャットフード選びが重要です!

 

猫の関節炎の原因と主な症状

関節炎の原因

関節炎は骨と骨をつなぐ関節に炎症が起こっている状態で、徐々に悪化していく病気です。
関節炎の原因には、加齢、肥満、関節の損傷や先天的な異常などが考えられます。

関節炎の原因として次のようなことが考えられます

・加齢 - 年齢とともに関節が消耗する
・体重過剰 - 体重の増加に伴って関節に負担がかかる
・病気や怪我 - 脱臼や捻挫、靭帯の損傷
・猫種 - スコティッシュ・フォールド、シャム

高齢猫に多い関節炎には変形性関節症と呼ばれるものがあります。
変形性関節症はゆっくりと関節の構造が変化していく病気で、年月とともに関節を保護する関節軟骨がすり減り、骨を覆っている滑膜が擦れて炎症が起きるようになります。

またこれに伴い関節周囲の組織が固くなり、関節の動きが制限されることがあります。
これらは不可逆的な変化なため、関節炎が起こると根本的には治ることはありません。

関節炎の症状

関節炎の症状としては次のようなものがあります。

・階段を嫌がる
・ゆっくり歩くようになった
・高いところに昇らなくなった
・毛づくろいの回数が減った、しなくなった

などがあげられます。

関節炎の症状は少しずつ進行するので、このような症状を見逃さないよう注意して見てあげるようにして下さい。

関節炎にかかりやすい猫種

スコティッシュ・フォールド、シャム、マンチカンなどは、遺伝的に関節炎になりやすいといわれています。

アンチノール プラス 猫用 30粒

 

アンチノールの関節炎に関する口コミ

猫の関節炎に悩んでいる人の口コミをTwitterから集めてみました。
やはりアンチノールにはある程度の効果が有るように見受けられます。

 

アンチノールプラスの抗炎症作用

アンチノールプラスの原材料

アンチノールプラスの原材料

オリーブオイル
EAB-277
モエギイガイ抽出脂肪酸PSCO-524
・クリルオイル
酸化防止剤(d-α-トコフェロール)
カプセル
・牛由来ゼラチン
・グリセリン
・水
・ソルビトール

もっと詳しく 【アンチノールプラス】成分に変更は?リニューアルでどこが変わった?

アンチノールプラスの抗炎症作用

アンチノールの主成分「PCSO-524」にはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などのオメガ3不飽和脂肪酸が含まれています。

オメガ3脂肪酸には抗炎症作用があります。

このためアンチノールプラスには関節炎の炎症を抑える効果があり、症状の改善が期待されています。

 

まとめ

  • アンチノールプラスの主成分「PSCO-524」には抗炎症作用がある
  • アンチノールプラスには関節炎の炎症を抑える効果があり、症状の改善が期待できる
  • アンチノールプラスは100%天然成分であり、医薬品ではないので副作用はない

アンチノールプラスはあくまでもサプリメントなので、効果は猫によってまちまちですが、100%ナチュラル成分のサプリメントなので、長期的に与えても安心できるので使い続けることが重要です。

 

注意

この記事は個人の感想なので、アンチノールで必ずしも関節炎が改善するわけではありません。かかりつけの獣医師の先生とよく相談して使うようにして下さい。

アンチノール プラス 猫用 30粒

厳選キャットフード10選を比較!

2023年最新 おすすめキャットフード10選をチェックする

※猫の健康を維持するにはキャットフード選びが重要です!

Writer:K.K

-アンチノール
-, ,